忍者ブログ

かどまつ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



メインブログのタイトルの重複、ここに来て一気に増えているし・・・^^;。なんだなんだ?!。一気に18ページも重複していると指摘されているし・・・^^;。チェックしてみたら、以前検証したくて実験したスパムチックな記事タイトルが原因で、重複ページ16ページもありました。2ページはタイトルを直したページなのですが、お直しがいつまでも反映されないのですね。お直ししてもだめだということかもしれませんが、その重複しているページをチェックしてみたのですが、重複しているキーワードがページ内にないのです。見当たらない。なぜ?。どこが重複しているのか謎・・・。と思ったけど、発見!!!。よし、直した。これでタイトル重複16ページは改善されるはずだ!^^♪。あぁ・・・、めんどいというか難しい・・・。まだまだ勉強不足ですわ・・・(涙)。原因を指摘されている項目を同僚に発見してもらいました。すぐ見つけてくれた。さすがですわ・・・。悔しい。

SEO業者選びのコツ。経験値と未来予測能力が重要。知識と技術は当り前
Googleアルゴリズムの特徴。特徴に沿ったコンテンツと被リンクは効く
内部対策ではページ自体の修正や再作成は必須。やらないなら負け確定
一過性一時的な順位ダウン順位落ちを気にしていてはSEO対策はできず
リンク元は御客様自身で確認。被リンクチェックツールで被リンク検索
有害URL・虚偽記載サイトの順位を落とす逆SEOも対応可。風評被害対策
関連性有る(関連性高い)記事に被リンク設置不要。関連言及は効果大
SEO情報の大半は観念。「現実」に基づいたSEO対策情報のみ収集価値有り
各国Googleのベース(検索アルゴリズム)は同じ。英語圏SEOも対応可
SEO対策中に社会問題化したキーワードでのサービス継続利用は御断り
ページ遷移無しで検索ユーザーの問題解決する複製文章URLは評価高い
競争激しいキーワードほど上位表示に時間要するが対策すれば上がる
競合サイトと比較して検索経由のアクセス流入少ない理由原因と解決法

能力開発に
ヒプノセラピー東京

ニルヴァーナ情報ブログ
悟 り
悟りを開く
PR

ペンギン


ペンギンアップデート。ネット上を賑わせてきましたね。なぜなら、2014年5月10日時点で、数週間以内にペンギン・アップデートが実施されるという情報が流れたからです。マット・カッツ氏が、2013年5月10日に、twitterにて、「次のペンギン・アップデート(2.0)は数週間以内に実施される」と明かしたためです。ペンギン・アップデートのおさらいです。ペンギン・アップデートとは、検索エンジンを騙すような手法だった利、Googleのガイドラインに違反しているサイトを排除する目的のアルゴリズムです。しかし・・・、ペンギン・アップデートが実施されると発表されると大騒ぎになりますが、いつも思います。騒いでいる人たちはどんだけ違反していたりスパム的な施策を行っているのかと・・・^^;。正常なSEOを施していれば、いつペンギン・アップデートが実施されようが恐れることはないのではないでしょうか。毎度ながら不思議です、ペンギン・アップデート。

中小検索エンジン登録で期待できるのは「短期的な被リンク効果」のみ
ペナルティ最も多いのは被リンク周り。コンテンツ周りもあるが少ない
メインサイトは集中させる、サテライトサイトは分散させる
発リンクよりも被リンクの方が検索順位に大きな影響与える
輸入・内需型企業は余力ある内にSEO対策した方が良い。円安増税の逆風

催眠療法家のHP
ヒプノセラピー

美容整体で美しくなる方法
骨盤矯正梅田
整体梅田

愛媛県の出張買取サービス
出張買取松山
処分松山
廃品回収松山
液晶 テレビ 買取 松山

英語が苦手な方向けの米国ネットショップ買い物代行サービス
米国購入代行

「高度な技術」が本当に必要とされるのは被リンク対策。内部対策に非ず
2011年~2013年は検索世界の変り目。この期間挟んで旧時代と新時代に
Google Webマスターツール最適化と検索エンジン最適化は違う。SEOとは


メインブログのクエリ数少なっ(汗)。クエリ数2、表示回数35、クリック数10未満・・・、Googleったら本当分かりやすいですわ・・・^^;。ほぼ毎日、だけど短文の記事のメインブログ、1記事最低文字数300文字、数日か数週間の更新のサテライトサイトのクエリ数、表示回数の違い過ぎる事・・・。こんなにも違うものなのですね・・・。おもしろい^^。新しい情報よりも、詳しい情報をGoogleは欲しているというわけです。ふむふむ、よくわかりましたわ、どのような情報発信の仕方が評価が高いかということが。しかしインデックスされているページの総数が600ちょっとのメインブログと、インデックスされているページ数が50ちょっとのサテライトサイト。一見メインブログの方が有利で評価が高いような気がしますが、サテライトサイトの方の評価が高いのです。インデクッス数が多いからと言って、Googleからの評価が高いというわけでもなさそうです。

脱SNSで使える時間は大幅増。SNSは時間とエネルギーを大量に食う。脱SNSでSEOに時間を回す
被リンク設置から被リンク効果が順位に反映される迄の平均期間は?
スピード感求められる事業に向くキーワード広告。短期的成果は広告で

過去世を催眠で遡って知る
催眠前世

大量不用品の回収サービス、愛媛県
ゴミ回収松山

文章量の少ないコンテンツがサイト内に多いと順位ダウン。パンダと量
記事投稿を1つのブログに「一点集中」させYahoo(=Google)での評価を高める
風俗サイトやキャバクラサイトが弊SEO対策サービス利用する際の条件
被リンク対策中のURLの検索順位は安定せず上下に動くのが普通
Google検索順位大変動。ペンギン2で被リンク緩和。再度被リンク寄りにアルゴリズムアップデート
1URL1キーワードで対策すると成功確率最も高く。2キーワードなら2URL
キーワードに沿ったコンテンツが上位表示のカナメ。情報不足も不利に
オリジナル部分・コンテンツにキーワードを十分記述するとSEO効果大
「検索順位が中々上がらない=激しい競争が存在している」。被リンク競走
Bing検索でも順位を上げておいた方が良い。NAVER検索は現時点では無視で大丈夫
Googleページランクは検索順位に影響を与えるか?影響するが小さい