忍者ブログ

かどまつ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


クエリ数


Googleウェブマスターツールでのクエリ数。サイトのページが検索結果として表示されたクエリに関する情報です。クエリとは、query、データの検索、更新などの命令をシステム発行する際に使われています。Googleウェブマスターツールの検索クエリのページでは、どのページが何回表示されたか、どのくらいクリックされたかというデータを確認することが出来ます。掲載順位一位の表示回数が36の場合、該当のクエリでサイトが検索結果の最上位に36回掲載されたということです。(ウェブマスターツールヘルプより)。ほうほう、なるほど!。Googleウェブマスターツールの見方がほんの少しずつ分かってきたような気がします・・・^^;。まずは専門用語を覚えなくてはなりませんから大変なのですよ・・・(涙)。少しずつ完璧に覚えなくてはならないのでなかなか思うように進まず歯がゆいですが、納得できて分かった時はとてもうれしいです^^頑張ります!。

賢い検索エンジンGoogleで上位表示迄に必要な期間。ビッグキーワード
リンクジュースは昔ほどサイト内全域に流れ込まず。SEO戦略転換必要

対人関係改善に
ヒプノセラピー池袋

YSTのSEOなら中古ドメインだが、Google検索なら新規ドメインで十分
対策開始時に「勝てるキーワード」選んだお客様のみ今現在も栄えている
キーワードのSEO難易度は何で決まる?上位表示までに要する期間は?
「1サイト1被リンク+ROS被リンク」と「1サイト1被リンクのみ」の違い
「質の低い被リンク」が数千数万と付けばマイナス評価もそれだけ大きく
被リンク対策は「時間分散」が重要。被リンク設置時期の分散で自然化
「QDF」と「不動の1位表示」ではSEO対策の方向異なる
旧時代(昔)の被リンクが多く付いていると順位上げるのに大変苦労する
旧ツイッターウィジェット終了。新ウィジェットに切り替え完了。ハブサイトとして今後もツイッター重視
コンテンツ内容にピッタリ合うキーワードでしか安定上位表示は狙えぬ
「被リンクの質」とは何か?質低い独自ドメイン、質高い無料ドメイン
両サイト(複数サイト)で記述が重複すると危険な箇所。Title重複は?
「不動の1位表示」「不動の上位表示」は1年から2年程度で達成する事多し
PR

両方?


ペンギン・アップデート、「ペンギン2.0」。夏までに実施すると、マット・カッツ氏が公式ブログで発表してから数日が過ぎました。インターネット上ではガヤガヤし始めました。うちのメインブログ、実験サイトは、被リンクがないので、ペンギン・アップデートを恐れることはありません^^。しかし、マット・カッツ氏、パンダ・アップデートについても語っているとのこと。パンダ・アップデートについては、おいらのメインブログが被害に遭うかもしれません、また(笑)。被害に遭ったら被害に遭ったで、メインブログがペナルティを受けてしまった場合、もう諦めるしかありませんね。だって、どうせペナルティを受けたとしても、また新しいドメインで新しいメインブログを作っても、うちは同じことを繰り返します。今までのブログを新しく作ったブログに移動させますし、ほぼ毎日更新して文字数を増やすということもありません。だったらいっそペナルティを受けてもこのままで^^。

被リンクSEOは「コンテンツ被リンク+ROS被リンク」型が最強。リスクと質

自分の過去世を知りたいなら
退行 催眠

Google SEOの価値
Google、「マイナス評価」導入と「コンテンツ優先・被リンク劣後」へ軸転換
競争激化で上位表示に要する期間長くなる。年々厳しさ増すSEO競争
「Yahoo!SEO」と「Yahoo! SEO」ではYahooの検索結果は異なる。
キャバクラ系とアダルト系のSEO対策。キャバは全部、18禁は一部対応可
被リンク対策のみのサービス提供(販売)も可能。SEOサービス種類・大別
コンテンツ内の発リンクも「コンテンツの質」に影響。パンダアルゴ対策
コンテンツ無しURLに被リンク集めるとペナルティが発動。Google検索
検索エンジンの検索結果は力(ちから)で動く。玄人SEO業者がSERPs支配
順位が安定するURL。コンテンツのキーワード最適化と情報量がカギ
コンサルタンツの武器はコンサルティング。被リンク対策Setで1位表示
「被リンクのあて」を確保するのが先。SEO集客用コンテンツ作成は後
重複コンテンツ放置によりWebサイトに齎されるSEO集客「不利益」2つ
SEOサービスに順位保証は無い。故にSEO玄人のサービス選ぶ事が大事に


サテライトサイト・・・、いや、もう実験や検証用になっているので、実験サイトと呼ぶことにします。実験サイトの順位が一気に上がって、検索結果の14位まで来ました!!!。昨日GRC、順位チェックツールをいつも通り何の気なしに見てびっくり&信じられず・・・。一気に17も上昇していました。ほぼ毎日更新しているうちのメインブログって・・・^^;(笑)。もう少しで実験ブログは検索結果の1ページ目に表示されるか?!というところまで来ています。興奮中(笑)。慣れない長文を書いて、Google検索エンジンに認められたというのがとてもうれしくて♪((●≧艸≦)。ただし、検索結果の1位に表示されるまでには大変なことは分かっていますし、容易でもないということも覚悟して胃おります。しかし、慣れない長文を入力しなくてはならないし、使用感なども伝わりやすい表現を使わなくてはならずに本当に苦痛でした。何よりも長文にして検索結果の上位に表示されるはずがない、長文よりもできるだけ毎日更新する方がGoogleからの評価も高くなるはずだ思っていましたからうちは。なので、長文で記事を書くというのも、半信半疑でしたから。長文なんて逆に読まれないよ、っ中でみんな飽きて着ちゃって読まなくなるに決まってる!!!と決めつけていました。読まれない長い記事を書くよりも、毎日少しずつでも新しい情報を発信し続けた方が、訪問者にも伝えたいことが伝わるし、時間のない現代人にはぴったりな情報発信の仕方だと思っていました。それが見事に逆だったのです・・・。自分の考えが間違っていたのはショックでしたが、その考えが間違っていたということに気付くことが出来ました^^。Googleは文章量、文字数、情報量を重要視しています。新しいけど情報量の少ない記事実は興味がないようです。うちの考えとは逆でした・・・。真逆。ということは、訪問者も新しい情報だけど少ない情報には興味がないということか・・・。

ヒーリングとヒプノセラピーの専門家
池袋 カウンセリング

順位上げ目的被リンクは全てペナルティリスク有。Risk管理と出口戦略
URLのドメイン名のみ異なりディレクトリ名ファイル名は同じ。問題は?
余計な被リンクが付いて無いURLほど被リンク対策で容易に順位上がる
ビジネスブログの記事。ブログは「質」を固定、ミニブログは「量」を固定。ブログは必ず独自ドメインで
Yahoo!検索アルゴリズムUpdateとYahoo!検索Index Updateの違い。米YSTとの比較
多くの城(勝てるキーワード)押さえて収入途絶えない状態作るのが先決
1URL1キーワードか1URL1意味で対策。SEO原則。検索エンジン目線とは
名サイト管理者ほどSEO・SEMの大局判断誤ら無い。大局の正情報把握が命
コンテンツからの発リンクはNO(nofollow付)、サイドバーからの発リンクはOKな無料ブログ
一定期間毎に変わるGoogle検索アルゴリズムのパターン。順位変動原因
中小検索エンジンのリンクだけでも被リンクSEO技術次第で上位表示可
印刷媒体プレゼンス低下、Web存在感。外部環境変化と広告宣伝費配分
SEOサービス利用終了後に設置済み被リンク群を剥がす事も可。有償解除
キーワード広告は会計年度中に回収可能な「費用」、SEOは年度跨ぐ「投資」
1サイト1被リンク、リンク設置ページのインデックス登録に時間掛かる